Haskellで人間性を下げる(2)

ghciで外部ファイルをロードする

まあちまちまとHaskellをやっているわけではありますが(― ―)
といっても未だにインタプリタから卒業できていないわけでして

いつも忘れる:loadについて俺様備忘録(― ―)

add.hs

とても初歩的な2つの引数の和を返す関数を定義し,それをadd.hsとして保存

GHCiで当該ファイルをロードするときは,そのディレクトリまで移動する.
その際のコマンドは :cd
Windowsのコマンドプロンプトと同じでございますと.

で,ディレクトリに移動したら

これでエラーが無ければ以下の様なメッセージが出てロードされます.
あとは今までと同様に add に引数を付けて関数を呼び出すことができますということですね.(下図)