隙間のあるデータで散布図を書く

概要

・データに隙間(空白)がある状態で散布図を書くと思うような図にならずハマる
・表示させたくないデータは=NA()を使って明示的に無視させる必要がある

単純にIF文を使い空白にするだけだとうまくいかない

以下のようにAとBの2つの系列があると致しまして,

01

例えば『Aが負の場合のペアのみで散布図を書きたい』とした場合,
ぱっと思いつくのは
A列の値を対象に

といった具合にA列が正だったら空白にしちゃえばよろしと思いますがこの状態で散布図をプロットさせると

Image

なぜか系列が2つに(^^;;;
データセットによっては上手く表示されるケースもあるみたいですが何とも

空白ではなく=NA()で明示的にエラーにしておく必要がある

で,どうやら散布図を書く際にサンプルを無視させるためには明示的にデータをエラーにしておく必要がありますということらしく
先ほどのエクセル関数の場合には

とする必要があるということですね.

02

10年分くらいのデイリーのデータで=NA()のやり方を知らなかったために該当する列を1つ1つ消していって処理した人なんてまあ居ないですよね普通( ;∀;)

選択範囲だけ再計算する

概要

・エクセルが重すぎるのでブックごと再計算とかやってられない(再計算は手動になっている前提)
・選択範囲だけ再計算するマクロを組む
・ついでにctrl + shift + F9のショートカットを割り当てる

VBA内容

ThisWorkbook

標準モジュール

解説

ThisWorkbookの方に,エクセルファイルのオープンと同時にショートカットを割り当てる処理.
標準モジュールの方には,選択範囲を再計算する処理を記述

2つのモジュールに書き分けなければいけないのがめんどい

参考

エクセルで選択範囲だけ再計算するようにするマクロ | Suinasia
http://suin.asia/2008/12/17/recalculate-macro.html

Application.OnKey メソッド (Excel)
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/office/ff197461.aspx

Excelじゆうちょう 標準モジュールでイベント(もどき)
http://likep.blog63.fc2.com/blog-entry-106.html