データフレームの各カラムへのアクセス方法

概要

・タイトル通り,データフレームの各カラム(列)へのアクセス方法が色々あるようなのでまとめる
・R初心者のワタクスですら現状把握してるだけでも4通りあるが,attachを使うのが一番簡単そう.

方法1: 列数を指定

ベーシックな方法

データはRにデフォルトで入っている airquality データフレームを使います.
データの詳細はこちら.ニューヨークの大気の状態の観測値のようですね.

R: New York Air Quality Measurements
http://stat.ethz.ch/R-manual/R-patched/library/datasets/html/airquality.html

[,1]とすることで,1列目のデータを取得する

方法2: $で列名を指定

たとえば,4列目に格納されている気温(カラム名Temp, 単位はファーレンハイト)を取得したい場合は

方法3: withを使う

withを使うことで,with()で囲まれた中では”airquality$”という記述を省略できる模様.

方法4: attachを使う

attachでデータフレームを指定することで,それより以下の部分でairquality$の記述を省略できる模様.
airqualityの中身を使わなくなったら,detach()する必要がある.
detach()以降では,airquality$の記述は省略できない.

attach()の参考は以下
R-Source
http://cse.naro.affrc.go.jp/takezawa/r-tips/r/46.html

また,attachよりも前に既にカラム名と同名の変数が宣言されていた場合,attachを使ってもカラム名にアクセス出来ないので注意する必要がオオアリクイということで.