2015年の各資産パフォーマンスのまとめ(株・債券・FX・コモディティ)

概要

  • 今年ももう終わりなので、株式、債券、FX、コモディティの2015年の1年間のパフォーマンスをまとめておきます。
  • パフォーマンスが特に良かったのは日本株・欧州株。

対象資産

  • 株式:主要株式(米・日・欧州・英)、その他株式(独・仏・加・スイス)、米国ファクター(サイズ、バリュー、グロース)
  • 債券:主要債券(米・日・独・英)
  • FX:先進国通貨(G8)、新興国通貨(メキシコ・ロシア・ブラジル・南アフリカ・トルコ・中国)
  • コモディティ:エネルギー(WTI・天然ガス・ブレント)、金属(金・銀・銅)

主要株式

Equity Developed Markets 2015 Part 1

  • 日経平均がトップ(約+10% p.a.)、次いで欧州(Euro stoxx)、米英はフラット。
  • 8月はボラティリティ急上昇に伴い株式は大幅下落。

その他株式

Equity Developed Markets 2015 Part 2

  • 仏(CAC 40)、独(DAX)が堅調。スイス(SMI)は1月にCHFのペグが外れた際の影響で大幅下落。年初来ではフラット。

米国株式ファクター

Equity US Factors 2015

  • 今年はバリュー(Price to Book)が機能しない一年。Valueがアンダーパフォームする一方、グロースがマーケットをアウトパフォーム。

債券

Rates Developed Markets 2015

  • 総じて僅かながらキャッシュをアウトパフォーム。独(Bunds)は4-6月に金利が急上昇、一時はネガティブリターンとなったが、その後は金利も落ち着き大体+2% p.a.
  • JGBは全然動かない

先進国通貨

FX Developed Markets 2015

  • 少し見辛いかもしれませんが、XXXUSDのパフォーマンスを掲載しています。グラフ上で、上に行けば行くほどその通貨は米ドル対比で強くなっていたことを表しています。
  • AUD, NZD, CADはマイナスリターン。コモディティ関連と思われます。
  • EURもUSD対比で弱かった。
  • JPY, CHF, GBPはほぼフラット。

新興国通貨

FX Emerging Markets 2015

  • 基本的に新興国通貨は弱かった。一時的にはコモディティ価格上昇に伴いRUBは上昇したが、年後半では下落。
  • CNHは8月に大きく下げたが、相対的な下げ幅は小さかった。

コモディティ(エネルギー)

Commodities Energy 2015

  • エネルギー安、今年一年で40%下落。

コモディティ(金属)

Commodities Metals 2015

  • 金属も弱かった。コモディティは基本的にキャッシュをアンダーパフォームする一年だった。

計算方法補足

  • パフォーマンスはキャッシュに対する超過リターンベースで評価。為替ヘッジ後のリターンを掲載しています。
  • 株式は配当、債券はクーポン、通貨は金利差に該当する部分も再投資しています。
  • データは全てQuandlから。